確定申告とは

確定申告(かくていしんこく)とは、税金に関する申告手続を言い、日本においては次の諸点を指す。 本項では、主に1について記述する。 1. 個人が、その年の1月1日から12月31日までを課税期間として、その期間内の収入・支出、医療費や家屋の新築・増改築・売買、盗難や火災、寄付、扶養家族状況などから所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき所得税額を確定すること 2. 法人が、原則として自己の定款に定められた営業年度を課税期間として、その期間内の所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき法人税額を確定すること 3. 消費税の課税事業者である個人又は法人が、課税期間内における消費税額を計算した申告書を税務署へ提出し、その納税額を確定すること

導入

多くの場合、TCO(Total Cost of Ownership:総保有コスト)を考慮するとソフトウェアの機能そのものよりも、その導入形態が重要な  要因となります。  中規模以上の大きなアプリケーションは、再販業者、開発業者、コンサルタントが独占的に販売しています。  この場合、ライセンス料はソフトウェアベンダーに渡るが、それ以外にインストール、カスタマイズ、サポートサービスについても料金が  発生します。  ソフトウェア本体以外の料金はソフトウェア本体の価格のだいたい50%から200%になります。  また、サポートサービスについては、通常1年ごとの保守料金として毎年徴収されるケースが主で、この料金がソフトウェアベンダーに  とってもソフトウェア維持のための費用となります。料金はだいたいソフトウェア定価の5%~10%が目安となり、カスタマイズにより  ソフトウェアの仕様を変更している場合はそれにプラスアルファされるケースが一般的となります。  サポートについてはソフトウェアベンダーが再販業者を介さずに、直接販売し顧客サポートを行う場合もあります。  中には再販業者による独自のサポートサービスを行っている企業もあり、サポートの形態については様々です。

Copyright © All rights reserved.確定申告を学ぼう.