作成と提出

○確定申告書の作成と提出 確定申告書の作成方法で、主なものは次の通りである。 1. 自宅のパソコンで作成: 国税庁のウェブサイトにある「確定申告書等作成コーナー」で情報を入力し、プリンタで印刷 2. 税務署や最寄りの還付申告センターに設置しているタッチパネル(自動申告書作成機)で作成: 税務署の所在地、還付申告センターの設置状況 3. 税務署や最寄りの還付申告センターで、確定申告書の用紙をもらい(納付がある場合は税務署から送付される事が多い)、手で書き込む。 作成した確定申告書は、管轄の税務署へ送付するか、持参する。 またパソコンで「確定申告書等作成コーナー」をつかって申告書を作成する場合、パソコンの推薦環境によっては正常な動作をしない場合がある。事前に確定申告書等作成コーナーの推薦環境 (2007年度版) を参照する必要がある。 なお、「e-Tax」(国税電子申告・納税システム)により、インターネットを経由して電子的書類の送信により申告、インターネットバンキングにより納税・還付も可能である。しかし、電子証明書となるICカードおよび同リーダーの購入、登録費用等や手数がかさむためか、一般的な利用者からは敬遠されており利用率が著しく低く、システムの整備費用対効果の点で問題とされている。このような批判があったことから、平成19年分及び平成20年分の申告については電子証明書等特別控除が設けられ、所得税額から最高5,000円の控除 (適用されるのは19年又は20年分のどちらか1年のみ) を受けることができるようになった。

主な会計ソフト

商用製品:  * Microsoft Money  * SAP Business One  * JDL IBEXシリーズ  * オービック 勘定奉行シリーズ  * ソリマチ 会計王シリーズ  * ピクシス わくわく財務会計・らんらん財務会計  * 弥生会計  * 大蔵大臣  * PCA会計 オープンソース:  * Adempiere  * Compiere  * GnuCash

Copyright © All rights reserved.確定申告を学ぼう.