税金が戻る

○確定申告を行うと税金が戻る場合 次のようなケースでは確定申告をすると算出された税金が戻る(還付される)場合がある。場合によっては納付となる。いずれも年末調整を受けているものについては計算済みであり対象外。 年末調整を受ける前に退職し、その年の年末調整を受けていない場合(雇用保険の失業手当は非課税であり所得金額とはならない。)や、公的年金から税金が源泉徴収されている場合には、確定申告(還付申告)ができる。基礎控除と所得控除の金額によっては税金が戻る。 ただし、確定申告をする義務のない者(2000万円以下の収入である給与所得者で20万円以下の所得(原稿料などの副収入など)がある場合など)について、還付を受けるための申告をする場合は、20万円以下の所得についても申告する必要がある点には留意する必要がある。 ○所得税の計算 所得税は、1月1日から12月31日までの全収入をもとに計算。 1. 収入金額(支払金額)-必要経費=所得金額(給与所得控除後の金額) 2. 所得金額-所得控除(所得控除の合計額)=課税所得金額 3. 課税所得金額×税率=所得税額 4. 所得税額-税額控除(定率減税など)=申告納税額 サラリーマンや公務員などの給与所得者は、年末調整終了時(通常12月支給の給与)「給与所得の源泉徴収票」をもらうので、ここから自分で計算することができる。 申告納税額と源泉徴収税額(給与所得の源泉徴収票に記載+配当所得に対する源泉徴収など)をもとに、実際の納税額・還付額が確定する。 1. 申告納税額>源泉徴収税額の時:差の納税額を3月15日までに納付書を添えて、金融機関等で納税しなければならない。 2. 申告納税額<源泉徴収税額の時: 差の還付額が後日、確定申告書で指定した金融機関に振り込まれるか、郵便局で受け取る。

モジュール

会計ソフトウェアは、会計に関わる特定部分を扱うモジュールの集合体となっていることが多い。 典型的なモジュールとしては、次のようなものがある。 中核モジュール  * 売掛金台帳-企業に入ってくる金銭を記録する。  * 買掛金台帳-企業が支払う金銭を記録する。  * 総勘定元帳-企業の「帳簿」  * 請求書作成-顧客やクライアント向けの請求書を作成する。  * 棚卸資産(在庫)-企業の棚卸資産(在庫)を管理する。  * 発注-企業が在庫を注文する。  * 受注処理-顧客の注文を記録し管理する。 非中核モジュール  * 債権回収-売掛金の回収状況を監視する。  * 電子マネー処理  * 経費-従業員によるビジネス活動の経費を記録する。  * 問い合わせ-編集や何らかの追加をせずに、情報をそのまま表示する。  * 賃金台帳-給料、賃金、関連する税金などを記録する。  * 報告-データのプリントアウトを行う。  * 就労時間管理-弁護士やコンサルタントなどの専門職種で、各クライアントのために働いた時間を記録し、   それぞれのクライアントに請求するためのデータとする。  * 調達-各部門の発注をまとめ、効率的に発注作業を行えるようにする。 ※ なお、ベンダーによって各モジュールの呼び名は異なる。

Copyright © All rights reserved.確定申告を学ぼう.